<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
毒を絞り出せ
 なんだかんだで4月。
駄犬“まる”が逝ってから3年が経った。
たまに二代目駄犬に憑依することがあるくらいで、もう夢にも出てこない。

2月と3月は忙しすぎて、何をしていたのか思い出せない。
手帳を見返すと入稿やら打ち合わせやらの合間に、それでも知り合いのグループ展に顔を出したり、20年来のつきあいになる印刷屋の社長と呑みに行ったりと、慌ただしく過ごしていた様子がうかがえる。

もう一度バイクに乗ろうと思う。
ドカを手放してから4年。
出かけようとする度に玄関で靴が見つからないような気分だった。
クルマでもサーフィンでも埋まらない隙間が空いたままで、その隙間から大切なものが沢山こぼれていってしまった。
バイクを降りて4年。
ここらで戻らないと廃人になってしまう。
時速200kmで笑ったまま歳をとりたい。




いい人なんて評判に毒を抜かれてたまるかよ。

去年の夏から浜のゴミを拾っている。
これはただの遊びだ。
ハコフグのミイラや海鳥の頭骨を探すついでにゴミを片付けているだけだ。
なのに、あすこの旦那さんは人知れず浜を掃除しているいい人だなんて言われて、ケツの座りが悪いったらありゃしない。
挙げ句の果てに町会の役員に推薦される体たらく。
15年前は鍋屋横町のスナックで皆勤賞だっただろう?
酔っぱらって街の隅でゴミみたいに眠っていただろう?
ロングピースをパカパカ吸いながら喧嘩したり、ホテル街のライブハウスでみんなで気持ちいいコトしたり、何曜日だったかの夜に首都高に現れるクラキンのスーツでキメた赤いバンディット400を追いかけ回したり、サカパを賭けてバックギャモンをしたり。

春が終わったら42歳だ。
座り仕事と運動不足のせいで、最近右足の股関節が上手く動かない。
こんな風に歳をとるはずじゃなかった。
もう一度革ジャンに袖を通す。
笑わば笑え。
俺は今週からストレッチを始めた。
| - | 04:09 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
駆け足で振り返る1月の諸々

 駆け足で振り返る1月の諸々

もう2月も半ば過ぎなのだけれど、スルーしてしまうには惜しい出来事が盛り沢山の1月後半を、敢えて今振り返ってみるという試み。


まずは1月半ば。
かつての上司と同僚が遊びに来て、秋谷港で釣り三昧の一日。
大量のウミタナゴは南蛮漬けにして美味しくいただきましたとさ。



翌日曜日は京急大津の婦人会館にて初釜。

倅は美しい社中の方々の指導を受けてお運びデビュー。
オカズさんちのかのこちゃんが可愛すぎてうっとり。 午後は、その足で東京の実家へ。


現代美術館でレベッカ・ホルン展

倅の反応が面白い。
頭部に装着した鉛筆で壁に線を描き続けるフィルムを食い入るように見つめていたかと思うと、レザースーツの女性が電動車椅子を操りながら鞭を振るうフィルムでクスクスと笑う。
常設展のウォーホルの「キャンベルスープ缶」を見て、「ぷぷっ、おんなじじゃん」
美術展で刺激してやると、倅は俄然手を動かし始める。
職業柄山程ある紙見本や色見本を切って貼って、なにやら不思議なものを作りまくる。
それを見るのが、最近の僕のお楽しみ。


翌週は昼からみなとみらいへ。
大桟橋にクルマを停めて、赤レンガパークを抜けてランドマークタワーへ。
ここからカミさんとは別行動。
倅と二人でポケモンセンターをやっつけて、横浜美術館で開催中の“束芋展”へ。
既にエントランスからインスタレーションは始まっていて…まだ会期中なので、ここから先は会場で。
一通り見てから、もう一度気に入った作品に戻るのが倅スタイル。
放っておいても平気なので、美術館は倅と一緒が楽でいい。
大型の映像作品は見応えアリ。
ミュージアムショップ→お茶タイム→カミさんと合流して赤レンガパーク。
カルディで遊んでスケートリンクを眺めて大桟橋に戻る。
続きを読む >>
| 久留和生活 | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年初めの連休

連休初日は、近所のカメラマン・河村さんが倅とその友だちをモデルに撮影会。
子産石地蔵の脇を登って関澤製作所へと続く坂道で、久留和漁港をバックにシューティング。
谷を挟んで南葉山ハイツの友人宅が見えたりして。
ハッセルのレンズを向けられて照れる友だちと、調子に乗って肩を組む倅という絵が対照的。

そのままR134から、今度は以前サイプレスがあった坂を下って久留和海岸へ。

途中のコンクリのテラスで調子づいたものの、実は高いところが苦手で引きつる倅。
浜では漁から帰った安治さんに会って、そのままモデルになってもらったりして、ココでも賑やか。

自宅に戻って縁側で一服。
駄犬ラッキーはピーナツをもらってご満悦。

続きを読む >>
| 久留和生活 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
No Man’s Land

色校正で上京したついでに倅を連れて麻布へ。
会期終了間近の『No Man’s Land』を見に行った。

解体前のフランス大使館旧庁舎で開催中のアートイベント『No Man’s Land』。
フランス大使館旧庁舎を一般開放する最初で最後の催し。


大使館裏手のコインパーキングにクルマを停めててくてくと歩いていくと、古びたコンクリートの壁に描かれたロボットが出迎えてくれる。




エントランスにはプラ段ボール製のゲート。


解体が決定している古びた、けれど趣のある建物の壁も、廊下も、床も天井も、各執務室も、あらゆる場所にペイントのラインが走り、全ての空間が作家の手によって演出されている。

続きを読む >>
| 子育て | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
謹賀新年
あけましておめでとうございます。

今夜の満月は本当にきれいで、何だかキーンという音が聞こえてくるような感じ。

無為な殺戮や搾取に加担せず、礼を知り、足りるを知る生き方を心がけていきたいものです。
祝島も六ヶ所村も八ッ場もイラクもガザも、他人事で片付けない。
まずは自分がどんどん変わる。
これが今年の所信表明。

| - | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |