<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 西風が強いのなんの… 久留和生活 | main | そろそろ海も冬支度? な久留和生活 >>
初めてのウェットスーツでバッシャバッシャ の久留和生活
ウェットスーツをもらった翌日。
お日様サンサンで空は真っ青で海はキラッキラ。
とくれば、行くしかないでしょ。

とりあえずスーツを着てみると、脇に小さな切れ目発見。
近所のカヤックショップにスーツを持参して相談すると、専用のボンドを出してくれた。
「純度の高いトルエンだから中学生とかに転売しないでね」
僕の前歯は作り物だけど、そっち方面の理由じゃないので大丈夫。
スーツを補修して、さぁいよいよ行くぞ!
…待てよ。
ウェットスーツの下って、なんか着るのかね。
ネットで検索するとなんだか色々みたいだけど、水着の下に着るサポーターなんて、僕は持っていない。
僕「水着の下に着るサポーター持ってる?」
カミさん「あるけど…」
僕「貸して」
カミさん「…」

嫌がるカミさんから何とか借りたのが、いかにも女性用の下着然とした代物。
穿いてみたら、銀行強盗がストッキング被ってる顔みたい。
チンコのカタチ丸わかりだし…。
ま、いっか。

えっちらおっちらボードを抱えて海へ。
リーシュコードを着けてザブザブと水の中へ。
…ナニコレ。
ゼンゼンサムクナイヨッ!
サムクナイヨーッ!!!!

もうね、海パン+半袖ラッシュの僕を見て、みんなが「寒い」を連発していたのが分かったもの。
いやぁ、あったかい。
勢いづいて、「今日こそ長者ヶ崎までパドリングすんぞ!」とか思っちゃったもの。
長者ヶ崎までパドリングって、もうすでにサーフィンじゃないじゃん。

久留和海岸の防波堤を越えて、目指すは長者ヶ崎。
いつもは大きい岩にタッチしてUターンするんだけれど、今日は違う。
その先へ。
もっと遠くへ。
って、なんだかカッコイイじゃん。
全然サーフィンじゃないけど。

ぐいぐいとパドリングして北上する。
久留和漁港は遙か後方。
が、目指す長者ヶ崎も、結構遠い。
ふと気がつけば、いつもR134から眺めている大崩のサーフポイントのあたり。
ただし、僕がいるのは、かなり沖合。
長者ヶ崎じゃなくて尾が島に向かってるコースっぽくね?
南下してきたシーカヤックの一団とすれ違う。
「今日は暖かくていいですね」
「今日みたいな日は波がなくてつまらないでしょ」
いえいえ、波があったら怖いですから。

いい加減くたびれてきたので、海の上で一休み。
小魚の群れがキラキラと輝きながら水の中で反転するのが見える。
釣り船の引き波に入ると、波に引っ張られる感じ。
サーフィンができるようになったら、きっともっと楽しいんだろうな。

お腹が空いてきたので、長者ヶ崎チャレンジは、また今度。
久留和に戻ろう バッシャバッシャ。
って、あれ?
なんか全然進まない。
真正面から風が来る。
岸まで、結構あるよね。

力尽きる
 ↓
溺れる
 ↓
漁船に助けられる
 ↓
病院へ
 ↓
ストレッチャーの上
医師「早くウェットスーツを脱がせて」
ナース「はい、先生! あ…」
女性用のサポーター着用発覚
 ↓
変態中年オヤヂ決定

ダメダメダメダメ、絶対ダメ。
バッシャバッシャを繰り返すも、思ったほどには進まない。
いっそ泳いだ方が早いんじゃないかと、水の中に入ってボードの端っこを持ってバタ足したりしても、長いボードがあっち向いたりこっち向いたりで、どうにもなんない。
仕方なしに、再びボードの上に。

とりあえず無闇矢鱈にパドリングしても、初心者なんだからそうそう思うようにはいかない。
ここはひとつ、じっくりと行きますか。
そう思ったら急に気が楽になって、なんだか楽しくなってきたよ。
峰山のグラデーションがキレイで、海もキラキラで、沖にはヨットが沢山浮かんでいて。

えっちらおっちら久留和に戻ったら、防波堤は釣り人でいっぱい。
邪魔にならないように、そうっとパドリングして、こっそり浜に戻る。
ボードを抱えて家に帰って、庭で水シャワーを浴びる。

翌日は、背中がギシギシ、肩パンパンの首ガクガク。
サーフィンは楽しい。
| 久留和生活 | 01:49 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
3年も前のブログにコメしてごめんなさい。
「久留和海岸 シャワー」で検索したらたどりついてこのブログよんだらおもしろくて思わずコメしちゃいました!今はサーフィンして波があっても怖くないですよね?(笑)
私は秋谷の海が好きでよくシーグラスを拾いにいきますが1年前に初めて久留和海岸に行き静かさと綺麗さでお気に入りの場所になりました。
側に住んでらっしゃるのがうらやましいです!!
またブログにおじゃまさせていただきますね〜(^_^)v 
| hiro | 2010/08/10 9:47 AM |
hiroさん、こんにちは。
僕は東京から久留和に遊びに来て、そのまま不動産屋に駆け込んで引っ越してしまいました。
古い借家ですけれど、よかったらシャワーどうぞ(笑。

今でも波は怖いですけど、サーフィンは楽しいです。
ちょうど先週新しいボードをシェイプしてもらって、今はどんな色で仕上げるかを考えているところ。9月の半ばに進水式です。
| 大塚屋 | 2010/08/10 10:22 AM |
大塚屋サン!返信ありがとうございます。
遊びに来たまま不動産屋に駆け込むなんて〜
行動力ありますね〜
それだけ大塚屋サンにとっても久留和が魅力的なところだった!ということですね!!
近々久留和海岸に海水浴に行こうと思ってます。
久留和漁港と立石海岸の間…漁港の左側辺りは遊泳できるのでしょうか?
ついでの質問でごめんなさい。
いつもそこでシーグラスを拾っているのでついでに海に入って遊べたら…と考えています。
遊泳禁止かな〜とも密かに思っていますが…(^_^;)
教えていただけたらうれしいです。
| hiro | 2010/08/10 7:41 PM |
hiroさん。
久留和漁港と立石海岸の間、特に遊泳禁止ということはないと思います。
詳しくは分からないんですけど、例えば久留和海岸も海水浴場ではありません。
ブイもなければライフガードもいないでしょ。
この時期の浅瀬には、はば海苔が生えていますから、足を滑らせないように気を付けて。
| 大塚屋 | 2010/08/11 10:29 AM |
大塚屋さ〜ん。
返信ありがとう。お忙しいのに、すみません。
実は今日、思いたって行ったんですょ〜。
久留和に始めに立ち寄ったのですが漁港の隣の場所の波が荒かったのとトイレがないことに気づき立石に移動してしまいました…。
帰り道もう一度、久留和に寄ると海水浴客がほとんどいなくて…。海水浴場じゃないなんて知りませんでした。だからトイレがないんですね…?
でも次回はやはり久留和に行きたいと思います。
その時はよろしくです
(笑)
| hiro | 2010/08/11 7:48 PM |
今日は一日中東京でした。で、ただいま帰宅。
久留和海岸もトイレくらいありますよ(笑。
R134の円乗院前交差点から坂道をくだって左手、漁協の建物の隣がトイレです。
今月の初旬には随分と威勢のよかったクラゲたちが、この数日めっきりおとなしいです。
泳ぐなら今がチャンス!
| 大塚屋 | 2010/08/12 12:29 AM |
お疲れのところ、毎回返信コメアリガトウございます(^_-)
トイレ〜漁港の横とは!
探しても見つからないハズですね!
もっと早く大塚屋サンに聞いとけばよかったです!!
昨日は秋谷もクラゲはいなかったみたいです。
ぜひ近々久留和に行きたいと思います。
ほんとにほんとにアリガトウ?
| hiro | 2010/08/12 9:38 AM |









http://blog.otsukaya.com/trackback/669279