<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 3knot open | main | 今さらジローなダイアモンド富士! >>
時間薬
はぁ〜。
もう十日も経っちゃったんだなぁ。

時間薬とはよく言ったモンで、実際十日も経つと、グスグスと女々しく鼻を啜り上げたりすることもなくなりましたよ。
なんかホントに寝る時間がなかったのも幸い。
ろくに風呂も入らずに仕事をしていたら、倅に「なまず禿げ」という素敵なニックネームをつけられちゃいました♪
髪に誓って、僕は決して(今のところ)禿げてはいないのですが、倅曰く
「なまずみたいに顔がヌルヌルしているから」
というのはあながち否定できません。
風呂に入らずに4日も経つと、マイクロロンのように高性能な潤滑油が、皮脂腺から豊かに湧きだしてきます。
是非一度…(以下略)。

先日は徹夜で仕事していたのにも関わらず、出発の時間までに作業が終わらない。
機転を効かしたデキル私設秘書"ヌリ"が「親しき仲に礼儀なぞいらんっ!」と3Gさんちに電話。
逗子駅までエクスプレスをエクスプレスしていただきました。
躾のなっていないダメなデザイナーです。
すみません。

改札を駆け抜けて飛び込んだ列車はグリ〜ンだよ♪
初めて知ったんですけどね、グリーン車から普通車両へは移れないのね。
仕方ないから次の駅まではデッキで息を潜めていようと思ったのに、二人組のヤングギャルが声をかけてくんの。
何? チミたちガールキャッチ?
「グリーン券はお持ちですか?」
持ってません。
金輪際、駆け込み乗車はしません。
あ、ダメなの?

クライアント先にPowerBookを持ち込んで校了作業ですから。
そんで、そのクライアント先に、別のクライアントからバイク便で色校の校正紙が届いちゃいますから。
慌ただしくケータイでやりとりして、差し替えデータを受け取りに再びバイク便が参上ッて、ヲイヲイ、どんだけ売れっ子だよ…(ニヤリ。

全ての作業を終えたのは21時ちょい前。
件の別クライアントに最終データを発送して、一路久留和へ。
新橋のホームで京急を待っていると、背後から芳しいアルコール臭。
「おいおい、シャネルズを知らない世代が社会に出てくる時代ですかぁ〜?!」
「いやぁ〜、だから名前くらいは知ってますよぉ〜」
新入社員と先輩ですよ。
しこたま呑んでますよ。
「じゃぁ、黒木香知ってるかよ」
「知ってますって。AVの人でしょ」
「バ〜カ、そんだけじゃねぇよ。『黒木でございまぁす』って言うんだよ」
「はぁ・・・・」
「頭いいんだよ! 横国だぜ、横国卒!」
コイツらとおんなじ電車でしたから・・・orz。
どんだけ黒木香好きなんだよ。
ってか、お前のモノマネは、どっちかてぇと本所吾妻橋のすみれ堂書店のオヤヂにそっくりなんだよ。
乗車率500%くらいの車内。
目の前のおばちゃんは、ゾンビみたいな姿勢でずーっとケータイでスロットやってんの。
斜め後ろのオヤヂの着うたは『もしもピアノが弾けたなら』。
しかも、鳴り止まない。
ホントに、みなさんご苦労さんです。

----------

てまえみそさん
メジャーくん、元気になって良かったです。
これからイイ季節ですもんね。
徹夜は・・・まぁ、そういう商売ですので(笑。


3Gさん
支え合いましょう!
そして高らかに歌い上げましょう!
4月22日は市議会選挙で〜っす♪


kusaさん
"まる"にメッセージありがとう。
みんなが覚えていてくれるって、嬉しいものですねぇ。
ホントにありがとう。
イイ季節だから、キッズたちと遊びに来てね。
| 久留和生活 | 15:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
時間薬が効いてよかったです。
| あちゃ | 2007/04/16 6:40 PM |

本所のすみれ堂のオヤヂネタ、僕がコメントしないで誰がするってーの。(笑
『ありがとうございましたァ〜♪』って字じゃわかんないね。
毒をまき散らしながら今日も突っ走る大塚屋に座布団一枚!

| 3G | 2007/04/16 8:19 PM |
列車のグリーン車ですか!!その昔TVでやってた
金曜日の妻たちを思い出しました。(古)
大塚屋さん(^^)少し気持ちが落ちついたみたいですね。

親父の駄洒落大切にしてくださいよ。
駄洒落言うたん、誰じゃ〜みたいな(^^)
| てまえみそ | 2007/04/17 11:50 AM |
時間薬はとても参考になります非常に良い情報です。本当にそれが時間制限医療のかかるする必要があることを右されます。
| セレニカ | 2011/02/14 3:20 PM |









http://blog.otsukaya.com/trackback/503462