<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ここは東京 久留和じゃない! | main | "まる"へのメッセージ、どうもありがとう。 >>
ピリオド
2007年4月6日夕刻、駄犬"まる"が逝きました。
凛と透き通った、本当にきれいな夕空に吸い込まれていくように、静かに息を引き取りました。

友人たちが花束を手に集まってくれました。
倅が折り紙で作った花を添えました。
斎場へ向かうときには大家さんも花を手渡してくれました。

7歳くらいに思っていたのだけれど、カミさんと計算したら、僕が29歳の時に友人から預かった犬だったので、少なくとも9年間は一緒に過ごしているのでした。
もしかしたら10歳くらいになっていたのかも知れません。
駒沢でいるときに僕のところへやってきて、その後、高田馬場、経堂、そして久留和に辿り着きました。
高田馬場時代に視力を失いましたが、元気で少々性格の悪い、かわいいヤツでした。

思えば最近はゴハンを残すことがあったり、何かの拍子に後ろ足がもつれてみたり、名前を呼んでも明後日の方向に振り返ったりと、年齢を感じさせるような兆候が多々ありました。
大好きな久留和の浜を散歩しても、帰りは抱っこということも頻繁にありました。
近所の友人たちとトレッキングするような時には、いつも留守番だったのですが、先週はみんなと一緒に葉山公園に行くこともできました。
大好きな海に前足、後ろ足、と順番に触れて、最後に海に腹這いになって、満足そうに笑っていました。

ご飯を食べなくなり、水を飲まなくなり、少しずつ少しずつ"まる"が透明になっていくような時間でした。
間抜けな僕は、「元気になって、早く浜に行こうぜ」なんて声をかけていたのですが、"まる"は旅立つ準備で忙しかったのかも知れません。
最後の日は、ポカポカと陽の当たる庭で、カミさんと過ごしていました。
帰宅した僕が抱き上げた"まる"は、まだ暖かくて柔らかいままでした。
眠っているときの、いつもの"まる"の顔でした。

斎場からの帰り道、大楠山のトンネルを抜けると、桜吹雪に包まれました。
小さな骨と一緒に久留和の海を眺めました。
今は、足元や膝の上に"まる"がいるような気がしています。
たぶん、そばにいます。

"まる"を可愛がってくれたみなさん、いままでありがとう。
これからもよろしくお願いします。

毎日"まる"の世話をしてくれたカミさん、ありがとう。
"まる"に見守られて大きくなった倅、"まる"を可愛がってくれてありがとう。
"まる"、今までありがとう。
これからもよろしく。
| "まる" | 09:29 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
目印は「まるの家」だという話をしたばかりだったのに、まるが旅立つ前日だったとは・・まるが天国でますます幸せであるように祈ります。 さみしかったらうちの駄犬キャロンが天国の草原でチンゲンサイを食べているそうなので、遊びに行くように伝えてください。 さびしくなるね。 でもまるを思えばいつでもまるはそこにいるよ。
| Uzu | 2007/04/08 9:12 PM |
大塚屋さんやご家族もまるちゃんを
大切にしてたのですね。

長年飼ってると、ペットという枠を
越えた「家族」という絆で結ばれるものですよね。

まるのご冥福をお祈りいたします。

| てまえみそ | 2007/04/08 10:23 PM |
うぇーーん
真面目に涙を浮かべて読みました。ぐすん
会った事のないわんちゃんでしたが、それだけ愛されて
最後まで楽しんで空に還ったから、きっとすごく今も幸せだと思います。

あ、こちらでははじめまして(笑)
これからもよろしくお願いしまーす
| ばななん | 2007/04/08 10:30 PM |
桜のころ、誰の手も煩わさず、見事な逝きっぷりだったぞ、まる。
暖かな家族に見守られて、静かに眠る君をみたとき、少しだけうらやましくなったよ。
うれしそうに葉山の海に体をつける君の姿は僕らの心の中では永遠のものです。
| 3G | 2007/04/09 9:04 AM |
ども。昔バーベキューのとき、スイカにかぶりついていたマルの姿が思い出されますな。
マル、お疲れ様でした。
| konge | 2007/04/09 11:53 AM |
久しぶりに会えてよかったと思っていました。透明になっていく時間。穏やかな最期なら。。「まる」お疲れ様でした。
| kusa | 2007/04/13 11:03 PM |









http://blog.otsukaya.com/trackback/498774