<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ギリギリ駆け込み報告の久留和生活 | main | ギリギリ松の内・あけおめ+ことよろの久留和生活 >>
最近の仕事(2006年度・最終版)
手がけた仕事の紹介もすっかり滞っておりました。
秋以降に手がけた装幀の中から刊行済みのものをアップします。
自湧時間
まずは世田谷ものづくり学校時代の仕事仲間・クマプロさんと手がけた『自湧時間』。
昨年から携わっていた(財)世田谷トラストまちづくりの「国分寺崖線魅力発見・向上プロジェクト」のある意味集大成。
難産でしたが、その分手応えもアリ。
カメラマンの福スケさんを加えた中年オヤジ三人で"TOKYO GREEN VALLEY"を名乗り、IIDでエキジビジョンを開催したり、mixiに「世田谷の森」なんつうコミュを立ち上げたりと大盛り上がり。
まちセンのサイトから同じメンバーで手がけたリーフレットもダウンロードできます。

-----



??±?飭??1?《
『ぬけられますか 私漫画家 滝田ゆう』校條 剛 (著)
河出書房新社 (2006/10/11)
amazon

僕が生まれた頃には既にその名前を失っていた寺島町ではあるが、永井荷風の『墨東綺譚』に登場する玉ノ井と書けば、ピンとくる方も多いだろう。
寺島町→玉ノ井→東向島と名前は変わったが、その二つ隣の業平橋で生まれ育った僕なので、滝田ゆうさんの代表作『寺島町奇譚』の舞台は、どこか自分の生まれ故郷に繋がる懐かしさがある。
著者の校條氏と初めてお会いした時も、地元の話題で大いに盛り上がった。
またこの頃、馴染みの深い江東区・森下で滝田さんの個展が開かれており、校條氏から丁寧な招待状を頂いた。
大変嬉しいことに11月以降、各紙の書評で頻繁に取り上げられています。
校條氏の力作です。
僕は表紙、花切れ、栞紐の色合いが気に入っています。

-----



1/2??????¢?????-?? class=
『女に生まれて男で生きて 女子サッカー元日本代表エースストライカーと性同一性障害』水間 百合子 (著)
河出書房新社 (2006/10/17)
amazon

カバーの撮影をお願いしたのはシネマトグラファーの井上さん。
自身もサッカーチームに所属する井上さんと元日本代表の水間さんの、サッカー談義。
表紙やプロフィールに使用した写真は、そんな二人がボールを真ん中にワイワイ喋りながら切り取ったショット。
夏真っ盛りのウンザリするような暑さの中の撮影でした。

-----


》??1/4
『時を巡る肖像』柄刀 一 (著)
実業之日本社 (2006/11/16)
amazon

かなり凝った造本です。
カバーの一部を切り抜いて表紙を覗かせているのですが、流通過程で破損しないように、抜き型の形状や加工にも工夫しています。
アイデア出しにも苦労して、編集長には大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。
入稿時期が引っ越しと重なっていたため、荷造り中の雑然とした自宅へ編集長に出向いていただいて、狭い机に肩をぶつけながら並んでデザインをフィニッシュさせた、世田谷時代ラストの仕事です。
おかげさまで著者の柄刀氏から直々にお電話を頂きました。
気に入っていただいたようで、僕も大満足。
手応え十二分の仕事になりました。
短編集ですが、どれもどこか女性的な優しさを感じる物語で、凄惨な殺人現場などは登場しません。
僕は主人公の家政夫・加護のファンです。
図書館だとブッカーをかけられてしまうので、表紙とカバーのギミックや手触りのコントラストがわかりません(泣。
ぜひとも書店で手にとって(そのままレジへ行って)ください。
よしなに・・・。

-----


? ̄3/4??1/2?θ?
『風俗嬢、その後。』酒井 あゆみ (著)
河出書房新社 (2006/11/16)
amazon

前作『売春論』に続き、今回も石井のりえさんに装画をお願いしました。
何点かラフを頂いたのですが、担当編集者も僕も一目で決めたのが今回のイラストです。
こちらも引っ越し直後のドタバタの中での入稿でした。
初回の入稿は済んでいたので、色校の修正版のデータを宅急便で送ることに。
世田谷時代だったら19時までにマンションの裏のセブンイレブンから出せば翌日の午前便に間に合ったのが、こちらは徒歩圏内にコンビニなんてありません。
ぎりぎりの時間でコンビニにクルマを飛ばすも、集荷の最終時間はどこの店も午後3時くらいが相場(!?!?)。
結局このときは翌日上京することで対応しました。
その後、ヤマト運輸の集配所を近所にハケーン!
19時までの持ち込みで、翌午前便オケーイ!
慣れればなんて事ないっす!


-----


¥??¥?・¥a°??(R)??class=
『新しいネットの稼ぎ方 ドロップシッピング成功術 』古川 健介 (著)
ソフトバンククリエイティブ (2006/12/23)
amazon

最新刊です。
こだわりの青いカバーです。
「プロセスカラーで、どこがこだわり?」と言われちゃいそうですが、要するに欲しかった色が発色していれば、DICだろうがTOYOだろうがプロセスだろうが関係なかとです!
普段はほとんど電話とメールだけで仕事を進めるSBCの担当編集者と、珍しく小糠雨降る上野公園のティールームなんぞで、お互いに持ち寄った"青い"見本を前に小一時間・・・。
肝心の中身はと言えば、Web2.0だのロングテールだのと言われても、全く意味が分からないイケてないわたくしにも分かるドロップシッピングの要約と、そのドロップシッピングで成功する=儲けるTipsを網羅。
これから始める人はもちろん、既に始めている人の復習にもよいのでわ。
年末年始に炬燵でどうぞ。
| 仕事*装幀 | 19:45 | comments(0) | - | - | - |