<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぷかり | main | 懐かしい人たち 懐かしい感触 >>
ハイホイラー
そんな言葉は無いのだけれど、ちょっと浮かれて。

たびたび登場する“エラくなった”友人から、バイクをもらいまして。
その昔YAMAHAがうっかり手を出したピアッジョなんですが、まぁいろんなコトになって、友人が大人のお付き合いで新車で買った初期型のBeverly125が、縁あって僕のトコにやってきました。

Beverly125

とにかく足つきが悪いったら…orz
エンジンのかかりが悪いったら…orz
バカでかくて重いったら…orz
ただね、走り出したらなかなかいいじゃないの、コレが。
まぁ、インプレは追々。

で、このヨーロッパの町並みに残る石畳を走るために、あちらでは大きなホイールのスクーターが全盛だそうで(逆に日本で売れなかったのも、このホイールのせい)、そのようなスクーターを総じて“ハイホイール・スクーター”と呼ぶそうですよ、ダンナさん。
だから、おいらはハイホイラー。

本日はオチは無し。

※それにしても舶来もんの不人気車は、ネットを探しても情報が出てきやしねぇ。
| 雑感+ | 03:35 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
はじめまして、境を越えた隣の下山口でマラグーティに乗っている写真家のKazy.Kといいます。

販売店ではその数が少ないため(販売台数も取扱店も)なんとなく横の繋がりがあるようで、「おまえのバイク逗子にもう一台あるみたいだぞ」なんてこと知っていたりします(笑)

どんな情報をお探しでしょうか?僕はバイクが好きで好きで、というほどではないので比較的細かく紹介されている販売店のURLでしたらご案内できますが。
| Kazy.K | 2008/11/11 2:29 AM |
Kazy.Kさん、こんばんは。初めまして。
マラグーティもこの辺じゃあんまり見かけないですよね。

情報は、あれば何でもという感じです。
あると嬉しいのは日本語版のワークショップマニュアルです。現行モデルのUS版は、ネットで拾ったのですが…。

サイト拝見しました。
この界隈でゴールデンを連れてハッセルを持っている人を見かけたら声をかけますので、よろしくです。
| 大塚屋 | 2008/11/11 3:11 AM |
こんばんは、
そうなんです。変な意味でなく希少車はその辺で困りますね。

ワークショップマニュアルとなると、修理やさんも英語版を見ながら、時折この店http://www.connrod.com/
に電話しながら、してくれてます。

インジェクションになりつつも、いい意味でまだまだ車ほど無接点化されてないでしょうからメンテはしやすいでしょうね。概要はhttp://www.scs-tokyo.co.jp/piaggio/beverly.htm
他は更新され、ここしか残っていないようです。

ちなみに私は江ノ島のエアという店に世話になっています。

ブログにご訪問ありがとうございました。犬はラブラドールが2頭です。下山〜秋谷境の稜線に時々出没します。こちらこそよろしくお願いします。
| Kazy.K | 2008/11/11 5:42 PM |
Kazy.Kさん。
そうですか。
やっぱりバイクショップでも英語版のワークショップマニュアルを使っているのですね。
とりあえず必要に応じて辞書を引きながらボチボチいじります。

機会があったら、Kazy.Kさんのサイトでマラグーティーの写真をアップしてください。
| 大塚屋 | 2008/11/14 12:57 PM |
こんにちは、イタリアンスクーターがどのくらい国内で売れるのかわかりませんが、車種別のマニュアルとなると数十台の為に日本語訳つけて・・・とはならないんでしょうね。

余談ですけど明治〜大正にかけて輸入した機関車や自動車をじっくり観察し分解し国産に繋げていった先人達はすごいものですね。

バイクのアップ了解!!
でも商品撮影の力量見られちゃうかなー(汗)
| Kazy.K | 2008/11/15 3:00 PM |









http://blog.otsukaya.com/trackback/1056396