<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
紙ラボ!@Schooling-Pad 自由大学
なんかね、熱いんですよ。
毎週木曜の夜に池尻の元廃校に集まって、紙を撫で回して驚いたり感心したり溜息を漏らしたり。
「紙と印刷をおかずに丼飯3杯はいける」って雰囲気の紙オタクが、あぁだのこうだのと至福の時間を過ごす場所。
紙ラボ!@Schooling-Pad 自由大学

一昨日、第二回目の講義があったんだけれど、まぁ楽しい。
紙のこと、印刷のこと。
授業が終わってからも受講生の自習時間は途切れず、あまりの楽しさに帰るに帰れず。
結局前回も今回も、横須賀線逗子行きの最終電車でギリギリの帰宅。

第二回目の講義では、箔押しの見本がてんこ盛り。
受講生が持ち寄った変わった名刺やらフライヤーやらをまわしながら、この印刷はどうだのこうだのとワイワイ。
抜き型の刃の材質やら製法やら、市販のエンボスナプキンに金箔押しした見本やら、中国の美術図録のピンクの発色やら、あまりの話題の多さに目が回りそう。

ブックデザイナーとしてのスキルアップにつながればという、仕事に対する投資みたいなつもりで参加した講座だったけれど、もはやそんなことはどうでもいい(よくないけど)。
木曜の夜を心待ちにしている僕がここにいるわけですよ。

10月には、色校だの製本だの箔押しだのの現場、すなわち印刷工場の見学も予定されている。
書籍の仕事をメインにしてから、印刷の現場に足を運ぶことがグーンと減っていた。
校正刷りも箔押しも現場を見るのは初めてだ。
何、もうこの楽しさ。

紙ラボ!の野口教授。
プリント・ギークです。
| 仕事*装幀 | 04:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
最近の仕事です。
Jノベル・コレクション
気がついたら3月も半ば。
遅ればせながらの新刊の報告です。

実業之日本社 Jノベル・コレクション 第一弾。
『四月になれば彼女は』川上健一・著
『Bランクの恋人』平 安寿子・著
『アコギなのかリッパなのか』畠中 恵・著
2008年2月20日、三冊同時刊行です。
シリーズのアートディレクションと、今回の三冊全ての装幀を手がけています。
昨年秋から悶絶を繰り返し、ようやく日の目を見るに至りました。
基本的には既刊単行本のソフトカバー化なのですが、Amazonでも在庫無しの”あの本”も、ラインナップに登場します。親本との微妙なディテールの差を楽しむもよし、通勤通学時の持ち歩き用にするもよし。書店で見かけたら迷わずレジへ。

今月号(3/9発売)の『ダ・ヴィンチ』の表4対向ページに、Jノベル・コレクションの広告が載っています。ちなみに此方も大塚屋仕事。あいすみません。
| 仕事*装幀 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
文壇の片隅で
昨年秋に刊行された『ぬけられますか -私漫画家 滝田ゆう』(校條 剛・著/河出書房新社刊)が、第20回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞を受賞した。
たまたま僕が装幀をさせていただいたのだが、その縁で著者の校條氏から招待されて、図々しくも師走の東京会館・ゴールドルームへと馳せ参じた次第でR。
続きを読む >>
| 仕事*装幀 | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最新刊
最新刊2冊/『プロ野球でモノになる奴の法則』『プリズン・ダイエット』

たまには仕事の話など。

最新刊『プロ野球でモノになる奴の法則』小関順二・著/廣済堂出版刊と『プリズン・ダイエット』影野臣直・著/環健出版社刊

『プロ野球でモノになる奴の法則』は、装幀だけではなく、見出しまわりやコラムのフォーマットまでデザインしています。カバーのボールの部分に、ちらっと樹脂盛りなど施して、なかなかの仕上がり。是非とも書店で手にとって、そのままレジへお持ちください。

『プリズン・ダイエット』は、まさしく難産の極みでした。装幀、組版、一部イラストからDTPまで、全てを手がけています。足かけ1年という長い道のりでしたが、ようやく書店に並ぶことと相成りました。最後まで諦めずに出版にこぎつけた社長に、拍手を送ります。

他にも先月には『色の法則』桶村久美子・著という本が河出書房新社から刊行されています。こちらは世田谷ものづくり学校時代の友人に、3Dイラストを制作してもらったりしています。オーラソーマ・リーディングなどとは全く違った、カラーアナリストの有資格者が解説する「色」を効果的に使うためのレシピです。色の雑学書としても楽しめますよ。

来年に向けて、ただいま諸々仕込み中。
少々寝不足気味。


以前、世田谷ものづくり学校で僕が主催した『池尻トークナイト』に出演してくださった、作家の垣根涼介さんがおっしゃっていた「作家にとって本はコドモだから、暖かい服を着せてやりたい」という一言を胸に、今まで仕事をしてきた気がします。
僕らブックデザイナーと編集者は、作家と読者をつなぐ大切な仕事をしていると信じてきました。もちろん、これからもそうありたいと願っています。

ノーモアー 権威主義
ノーモアー 前例主義

何でもかんでも銭に換えて懐にしまい込む、ヤンキー商業主義者なんざ、赤いペンキで塗りつぶせ!

…えーっと、なんの話でしたっけ。
まぁ、とにかく、仕事は本気で取り組みましょうってコトですよ。

それでは、胸に手を当ててお休みなさい。
| 仕事*装幀 | 03:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『男の裏顔 女の裏顔』頼朝
????¢´??¢´????

見本が届きました。
この本の屋外広告が、六本木の交差点にバーンとそびえています。
・・・実は未だできあがった看板を見ていません。
スンマセンッ!

業務連絡。
非モテ系DT男子諸君はできるだけ速やかに読破すべし。
| 仕事*装幀 | 04:52 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
最新の仕事【クレイジーヘヴン】
¥ ̄¥?¥??1/4¥??|¥Υ??

2007年、一冊目の刊行です。
続きを読む >>
| 仕事*装幀 | 11:40 | comments(0) | - | - | - |
最近の仕事(2006年度・最終版)
手がけた仕事の紹介もすっかり滞っておりました。
秋以降に手がけた装幀の中から刊行済みのものをアップします。
続きを読む >>
| 仕事*装幀 | 19:45 | comments(0) | - | - | - |
最新刊『静寂の子』刊行です。
????》??《¥С1/4
カバーにトレペを使うのは今回が初めてだったのですが、おかげさまで満足のいく仕上がりになりました。
文芸作品では初めて、本文ページの設計まで手がけています。
初めての経験が満載でなかなか実りある仕事をさせていただきました。

モニター上の画面ではなかなか雰囲気が伝わらないと思いますので、ぜひとも書店で手に取ってみてください。

『静寂の子』谷村 志穂/祥伝社刊 (ISBN4-396-63265-7)
Amazon
| 仕事*装幀 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『みせてあげる』草凪優/祥伝社文庫
???》??¢?2??¥《¥С1/4
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396332726/qid=1138865115/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/249-1165060-6173113
昨日発売になりました。
草凪優さんの著書は前作『誘惑させて』に続いて二作目。
今回もイラストは石井のりえさん。
官能小説なので当然性の描写はありますが、上記二作ともそれぞれに読み応えのある作品だと思います。
続きを読む >>
| 仕事*装幀 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最新刊のお知らせ
2ω?(R)???》????¥《¥С1/4
『歌舞伎町午前零時「女衒の夜」』
河出書房新社より、1月19日刊行です。
オフィシャル情報はこちらから>>>http://www.kawade.co.jp/np/isbn/4309017428
| 仕事*装幀 | 20:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |